毎日ご飯作りがんばるあなたへ、ほっと一息つきたいときに読むブログ

圧力鍋で絶品!ご飯の炊き方

ミツカン味確認室主催の1日料理修行でだしの大切さを学んできた

 
1日料理修行イメージ
この記事を書いている人 - WRITER -
まいこはん
東京都在住のアラサー新米主婦です。主婦って大変だけど楽しい。毎日の家庭料理を無理なく作るためのお役立ち情報をブログに書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!残り物活用サポーターのまいこはんです。

 

毎日のお料理にだしは取ってますか?

 

だしをきちんと取って料理をするとぐん!と美味しく感じられますよね。

 

そこで今回はミツカン「味確認室」主催の「だしを極める1日料理修行」へ行ってきました~!

 

ひとことで感想を言うとズバリ!

 

だしってスゴイ!だしが料理の味を支えてるんだ!

 

とひしひし感じました。

 

一流料理人の方に直接、だしの取り方やだしを活かした家庭でも作れるメニューを伝授してもらい、興奮冷めやらぬ状態でブログ書いてます。

 

ささ、この興奮が冷めぬうちにレポートしちゃいまっせー!リアルな私もばんばん登場します。

 

それではご一緒に。

ひあ、うぃ、ごー!!

 

ミツカンの味確認室が作った新商品「八方だし」

はじめにミツカンの「つゆ」のカテゴリーを担当する鶴水さんのご挨拶から幕開けです。

 

鶴水さんは入社以来つゆ関連の研究や商品開発に携わっています。

 

美味しさの追求と味づくりを高める組織として「味確認室」が立ち上がったのだそうです。

 

実際に一流料理人の方に弟子入りをして美味しさを追求し、新商品が開発されました。

 

それがこちら!

 

料理修行でも使用するミツカンの新ブランドPIN印「八方だし」です。

 

一般的なめんつゆとの違い

めんつゆは醤油の配合が多く甘みが少ない。

 

八方だしは醤油とだしが丁度よいバランスで作られていて幅広い料理に使えます。

 

早速夕飯にお土産で頂いた「八方だし」で筑前煮を作ってみました。

 

 

むむ、家庭で作ったようには思えない品の良い味・・・!

 

だしが野菜のうまみを引き立てていて本格的なお味に仕上がりましたよ。

 

 

削り節の食べ比べ!

 

料理修行に入る前にだしの香味の違いを体感するお勉強!

 

真剣になっちゃってて顔がコワいですね・・・笑

 

3種類の削り節が用意されていて試食することができるんですよ~。

 

削り節ってかつお以外にもあるんだ!と私は興味シンシンです!

 

  • かつお荒節 血合い有 (香ばしい香りで風味が強い
  • まぐろ枯節 血合い抜き(かつおより香りは出ないがコクが出る
  • さば荒節  血合い有 (濃厚な香りで甘みとコクが出る

 

さば荒節はごはんが欲しくなるような濃厚な味わいで個人的にはいちばん好きだったなあ~

まいこはん

 

ここのお話でびっくりだったのが味は香りが7割を占めているということ。

 

7割ってほとんどじゃん!!

 

味を向上させるには香りはかかせないってことね!メモリます。

 

いざ、料理修行!

今回修行に訪れたのは東京・目黒区にある「割烹すずき」。素敵な外観!!

 

料理長である鈴木さんが講師となり、だしを使った家庭料理に活かせるメニューを教えてもらいます。

 

わからないことは直接料理長に聞けるので今晩から家庭料理に活かせることがたくさん!

復習もかねて紹介しますよ~!!

 

きちんとだしを取ること

 

だしを取ることはとても大事。

 

めんどうがらずにだしを取るくせをつけること!と鈴木料理長。

 

先ほどの削り節の例でもあるように味は香りが7割!

 

だしの風味で味が決まると言っても過言ではありません。

 

ひと手間かけるから味に差が出る!これぞプロの技!!

今回作った料理は以下の4品です。

 

  • 筑前煮
  • なすのオランダ煮
  • きのこと野菜の煮浸し
  • かしわご飯

 

料理教室には全部で6人参加していて入れ代わり立ち代わりで料理をしていました。

 

短時間で教わりながら作り上げたのですが、そんな中でも食材にかける下ごしらえがハンパナイ!!←

 

ここでこそ覚えておきたい!!!!と思うことがたくさんでした。

鈴木料理長直伝!食材が美味しくなる下ごしらえ&テクニック

  • 鶏肉は塩を振っておき使う前に水で流す(くさみ消し)
  • なすのヘタは取らずにそのまま使う(ヘタもまるごと食べられるよ!)
  • 青物の野菜を煮物に入れるときはあらかじめ茹でておき最後に入れる(色味を保つ為)
  • 食材は同じ大きさに切る(味が染みやすい)

ひと手間をかけることで味がぐんと美味しくなります。こんなにも違うものか!と驚きでした。

 

味見は必ずすること

 

また真剣な顔してますね、コワいね。

 

料理の途中で味見をきちんとすることも重要です。

 

味見をした時点で物足りなければ塩を足すなど、作りながら確認することで失敗は防げます

 

 

きちんと丁寧にとっただしは味見の時点で美味しすぎる!!

 

体にしみわたりますわぁ・・・。

 

盛り付けまでできて一人前!

鈴木料理長が丁寧に盛り付けする様子

出来上がった料理を盛り付ける時のポイントも教えてもらいました。

 

  1. 器に料理をたくさん盛らないこと
  2. 山のような形を意識して高さを出すこと

 

お皿の空間を活かすときれいな盛り付けになるそうです。

 

見た目もさらに美味しそうに見えますね!

 

普段作っている料理も盛り付けの仕方を変えるだけでワンランク上になること間違いなしです。

 

まとめ

今回割烹料理店で一日修行をさせてもらってたくさんのことを学びました。

 

最後に作った料理を食べると素材そのもののうまみが活きていて美味しいんです!!

 

だしの澄んだ味がすぅーっと体にしみわたる感覚が忘れられません。

 

まとめると・・・!

 

丁寧にだしをとった料理は素材の味が活きていて美味しい!!

 

和やかな雰囲気の中で修業できたので楽しかった~!!

 

もう1回行きたいな笑

 

時短が主流となっている家庭料理、たまには時間をかけてじっくり料理してみてはいかがでしょうか?

 

今回修行した「割烹すずき」のご紹介

 

割烹すずき公式ホームページ

 

鈴木料理長の優しいお人柄からにじみ出る料理は最高っ!

まいこはん

 

次の記事はこちら!

料理のレパートリーが少ない?それなら外食のメニューを参考にしてみよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
まいこはん
東京都在住のアラサー新米主婦です。主婦って大変だけど楽しい。毎日の家庭料理を無理なく作るためのお役立ち情報をブログに書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 残り物活用サポーター , 2018 All Rights Reserved.